会社概要 2013

※JavaScriptを有効にしてください。※
tools_title

  私たちは、「サービス先端企業」として
 「顧客満足主義の実践」「取引先との相互利益の尊重」「創造的革新の社風創り」
 の3点を共通の価値観として浸透させ競争に打ち勝ち、お客様、株主の皆様
 そして、すべての取引先の皆様の期待に添うようにチャレンジを続け、社会的責任を果たしてまいります。

トップメッセージ

代表取締役社長 林野 宏
撮影:石橋 素幸

代表取締役社長
 林野 宏

Hiroshi rinno President - sign

戦略武器を活用した『コラボレーション経営』により、収益源のマルチ・コア体制を確立してまいります。

近年の国内クレジットカード業界を取り巻く環境は、経済状況や消費動向、法規制などにより大きく変化してまいりました。特に貸金業法や割賦販売法の規制強化がクレジットカード事業の収益構造の変化をもたらし、それを機にメガバンクを中心とした業界の大型再編や異業種参入による競争が激化しております。クレディセゾンにおいても創業以来、もっとも困難といえる経営環境に直面した数年であると考えます。

しかしながら、当社はクレジットカードビジネスを始めて30年以上、「年会費無料カード」「永久不滅ポイント」「サインレス決済」をはじめ「セゾン・アメリカン・エキスプレス®・カード」「永久不滅.com」などイノベーティブな商品・サービスを提供し続け多くのお客様からご支持いただいております。2012年12月には、これまでのイノベーティブなカード戦略が評価され、競争戦略論の第一人者であるマイケル・E・ポーター(ハーバード大学教授)の名前を冠した「ポーター賞」も受賞いたしました。

今後も「サービス先端企業」としてイノベーティブな発想から生まれた商品・サービスを提供し続けることで、お客様の満足を追求してまいります。

さらに、当社には独自性の高い自由な経営により築いてきた多種多様な提携パートナーや、クレジットカードを軸としたバラエティに富んだビジネス領域、そして「セゾンカード」「UCカード」という2つのブランドに代行受託を加えた3,500万人の顧客基盤といった資産がございます。これらの当社資産と、「戦略武器」である独自性の高い商品・サービスを複合的に組み合わせる『コラボレーション経営』により、企業価値を最大化してまいります。

また、現金市場を打ち崩すための決済プラットフォームの構築や、「永久不滅.com」などのフィービジネス拡充をすすめるネット事業、リース事業、信用保証事業、「フラット35」「資産形成ローン」を取り扱うファイナンス事業、ASEANを中心とした海外でのリテールファイナンス事業なども強力に推進しております。

多くの優良な取引先・提携先とのコラボレーションを展開することで、今後もノンバンク化を進め、収益基盤の強化を図っていきたいと考えております。

現在の困難な経営環境を乗り越えるために、イノベーションをし続けるとともに、『コラボレーション経営』を強力に推し進め、収益源のマルチ・コア体制を確立し、ノンバンクとしてのさらなる成長へとつなげてまいります。

ASEAN各国での事業を加速させ、先行投資を積極展開

21世紀の世界経済は「アジア」が中心となり、中でもASEAN10ヵ国はこれから高度成長を成し遂げると考えております。日本はアジア大陸に隣接し、地理・技術・サービス面で相対的に優位なポジションにあります。

当社においても、長年培ってきたリテールファイナンスのノウハウを活かし、将来の持続的な成長に向けた布石として、アジアマーケットへ本格的に参入を始めました。2012年6月にはベトナムのハノイ市に駐在員事務所を開設、2013年4月には現地企業へのリテールファイナンス事業のノウハウ提供を目的としたコンサルティング会社を設立いたしました。今後はASEAN各国への事業展開を加速し、インドネシア、マレーシア、フィリピンなどへ新たな拠点を築く予定です。

また、現地の金融法人や事業会社、国内の有力なIT企業やASEAN各国に進出する企業との戦略的なパートナーシップを締結するなど、中長期的な成長に向けた先行投資も積極的に実施してまいります。

アジア

個人消費の活性化と新たな決済手段の開発・普及を強化

安倍政権による経済政策「アベノミクス」効果により、株価の上昇・円安・金融緩和を通して、不動産投資の活発化や景況感の回復などマクロ経済が浮揚することで、企業業績の向上とそれを反映した給与・賞与の増加を通じた個人消費の回復につながることが期待されます。このような消費活性の機会を積極的にとらえるために、「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」や、小売各社との提携カード、WEB経由で獲得するカードなど稼動率の高いカードを中心に獲得を強化し、会員数において連結イシュアーNo. 1を実現したいと考えております。

同時に、カードの魅力を高めるため、サービスの拡充や全国の主要都市における小売各社との協業企画を実施するなど、個人消費活性のためのプロモーションを積極的に展開してまいります。

さらに、「永久不滅ポイント」を活用したネットビジネスの拡大に継続的に取り組むとともに、「打倒キャッシュ」に向け新たにスマートフォン・タブレットを活用した決済サービス「Coiney」の導入やプリペイドカードの強化など、小額決済マーケットへも積極的に取り組んでまいります。

アメリカン・エキスプレス・カード

「人材活性度No. 1」「女性活躍度No. 1」企業を目指して

イノベーティブな経営を実現していくために「人材活性度No. 1企業」を目指し、さまざまなイノベーションにチャレンジできる次世代の人材育成に努めております。例えば、全従業員が経営課題に挑戦できる提案制度「ドリームプラン」の活用や、会社の未来を考える「フューチャーラボ」、幹部社員の経験から学ぶ「ラーニング・カフェ」など社内コミュニケーションの活性化により活力のある企業風土づくりを推進しております。

また現在、管理職の約半数は女性が占めており、特に営業の最前線では多くの女性が活躍しております。経営ビジョンに「女性活躍度No. 1企業」を掲げて、子が満3歳になる年度末までの育児休業制度の導入や職場復帰後の短時間勤務など諸制度の構築、ワーキングマザーのための「仕事と育児の両立支援セミナー」などを開催し、さまざまな状況に置かれた女性が働きやすい環境を整備しております。さらに、今期より法人営業など「クライアントへの価値提供」ができる女性社員の育成など、女性の活躍支援に向けた取り組みに一層力を入れております。

管理職の性別・年齢別分布

仕事と育児の両立支援セミナー
仕事と育児の両立支援セミナー

適正かつ安定的、継続的な配当を実現

当社では長期的に安定した成長の実現を目指す経営戦略に基づき、目標達成のための各事業の施策を着実に実行していくとともに、将来の成長に向けた一定の先行投資も株主価値の増大のために重要であると考えております。利益還元につきましては、これらを実現する内部留保金の充実を図る一方、株主の皆様へ適正かつ安定的、継続的な配当を行っていきたいと考えており、2013年3月期の1株当たりの年間配当を30円と据え置きました。また、2014年3月期も30円の年間配当を予定しております。

back to pagetop