会社概要 2013

※JavaScriptを有効にしてください。※
tools_title

社会的責任(CSR)

当社はステークホルダーをお客様、取引先、株主、社員および社会と位置付けたうえで、サービス先端企業として顧客満足を創造し、取引先との相互利益を尊重し、社員の共感を得ることによって、株主に報いるとともに、社会的責任(CSR)を果たすことが経営理念の実現に不可欠であると考えています。

当社のCSRに対する考え方

当社では、社会的責任(CSR)とは「企業は社会的存在として最低限の法令遵守や利益貢献といった責任を果たすだけではなく、市民や地域、社会の顕在的・潜在的な要請に応え、またはそれを上回る方法や内容で事業を展開していくこと」であるととらえています。そしてこの考え方のもとに、次の3つの視点でCSRに取り組んでいます。

①企業として存在し、お客様、株主、社員をはじめとするステークホルダーの皆様に利益をもたらすために果たすべき事項

企業として、健全、適切かつ迅速に、継続的な事業活動を行うことが使命であると認識しており、そのためには、経営における透明性の向上と経営目標の達成に向け、コーポレート・ガバナンスへの取り組みを通じた経営監視機能の強化を図っていきます。

②当社の主な事業であるクレジットカード、金融事業活動を通じて、責任を果たすべき事項、および社会に貢献できる事項

クレジットカードは、経済活動を支える大変有意義な決済手段です。ゆえに、使い過ぎによる「多重債務者」を出さないことと、お客様の暮らしを豊かにし、経済の発展に寄与することのバランスの追求が最重要課題であると考えています。金融事業者として、個人情報の適正管理に努め、個人情報保護法の目的に沿った個人情報の有用性を尊重するとともに、慎重な与信と与信後の適切なフォローによる「多重債務者」発生の防止に力を注いでいます。

■個人情報の適正管理

個人情報の管理については、法令はもとより、ガイドライン・業界ルールなどを遵守するとともに、社内規程を定め、社内研修・モラル教育を実施し、(社)日本クレジット協会の資格制度である「個人情報取扱主任者」の取得を実質的に社員に義務付けるなど、管理意識の醸成と浸透に努めています。また、個人情報の取り扱いについては、専用回線の利用、アクセス権限者の制限、情報の暗号化、情報端末設置場所への入退出管理など
セキュリティの強化を図っています。なお、個人情報の取り扱いを適切に行っている事業者に対して付与されるプライバシーマークを2006年5月に取得し、個人情報保護水準の維持・向上に取り組んでいます。

■多重債務への対応

クレジットカードが必要以上の利用につながるリスクを認識し、使い過ぎ抑制のためのきめ細かな途上与信を行うとともに、契約変更や返済額変更などの相談に応じる体制を整えています。

③クレディセゾンにしかできない、クレディセゾンだからこそできる社会への貢献

当社およびグループで働く社員、その家族を含む何万人もの生活が当社グループの企業経営にかかっています。CSRの観点からも雇用責任の重大さを認識し、積極的に雇用問題に取り組んでいます。

また、サービス先端企業として、その特長を活かした期待を上回るきめ細やかなサービスの提供や社会への貢献を目指しています。

■雇用問題への対応

当社では年齢、性別を問わない雇用と働きやすい環境づくりに努めています。少子・高齢化を視野に入れ、女性が結婚・出産後も継続して働き続けることができるよう、子が満3歳までの育児休業や短時間勤務など制度の充実を図っています。また、高齢者の介護にも対応できる介護制度や職場環境を整えるとともに、退職者の再雇用も積極的に行っています。

赤城自然園の運営

次世代に豊かな自然を引き継ぐ活動

群馬県赤城山の西麓に広がる約36万坪の広大な森「赤城自然園」を運営しています。同園は、スギの木が植林されている人工二次林でしたが、「花を育てるのではなく、環境を整えることで植物が育つ手助けをする」という方針の
もと、20数年をかけて整備を続けています。今では、さまざまな昆虫や動物、貴重な植物を含めた草花・樹木がのびのび育ち、日本の四季の美しさに触れることができます。

2012年度は約29,000人にご来園いただきました。園内ガイドツアーや木の実を利用したエコクラフトづくりなどのプログラムを通じて、自然本来のすばらしさを感じていただくとともに、環境保全活動への理解を深めていただいております。
「赤城自然園」の運営を通じ、次世代に豊かな自然を引き継いでいきたいと考えています。

akagishizenen.jp

サポート企業

社会貢献活動

スポーツ、文化活動をサポート

当社では、スポーツ・文化活動などを通じた社会貢献にも情熱を注いでいます。

スポーツでは「SAMURAI BLUE(日本代表)」「なでしこジャパン(日本女子代表)」などのサポーティングカンパニーとして、サッカー日本代表を応援しています。

文化活動では、世界三大テノール歌手の一人であるホセ・
カレーラス氏の音楽活動を支援しています。また、同氏が力を入れている「ホセ・カレーラス国際白血病財団」の趣意に賛同し、同財団への寄付も行っています。

SAMURAI BLUE

©J.LEAGUE PHOTOS/
キリンチャレンジカップ2013
対ラトビア代表戦 先発メンバー(2013.2.6)

ホセ・カレーラス氏

永久不滅ポイントによる寄付

お申し込みいただいたポイント相当額を各寄付先へ寄付いたします。

サッカー日本代表強化
資金を寄付しよう!

100POINT
日本サッカー協会へ寄付

サッカー日本代表強化資金を寄付しよう!

盲導犬の育成を
応援しよう!

200POINT
(財)日本盲導犬協会に寄付

盲導犬の育成を応援しよう!

地球のためにできる
ことを応援しよう!

200POINT
地球環境基金に寄付

地球のためにできることを応援しよう!

赤城自然園を通じ
自然環境保全活動に
取り組もう!

100POINT
自然環境保全活動への活用

赤城自然園を通じ自然環境保全活動に取り組もう!

途上国の子どもたちに
学校給食を届けよう!

200POINT
WFPの公式支援窓口である認定NPO法人国際WFP協会に寄付

途上国の子どもたちに学校給食を届けよう!

私たちの海を、
サンゴを守ろう!

200POINT
プロジェクトAWAREに寄付

私たちの海を、サンゴを守ろう!
back to pagetop