会社概要 2012

※JavaScriptを有効にしてください。※
tools_title

経営戦略_03

赤城自然園

次世代に豊かな自然を引き継ぐ活動

群馬県赤城山の西麓に広がる約36万坪の広大な森「赤城自然園」を2009年に購入し、運営しています。同園は、もともとはスギの木が無造作に植林されている人工二次林でしたが、自然本来の美しさを取り戻すために植生を入れ替え、「花を育てるのではなく、環境を整えることで植物が育つ手助けをする」という方針のもと、20数年の歳月をかけて整備を続けてきたものです。今では、さまざまな昆虫や動物、貴重な植物を含めた草花・樹木がのびのび育ち、日本の四季の美しさに触れ、感じることができます。

当社運営の2年目にあたる2011年度は156日間開園し、約27,000人にご来園いただきました。ご来園の皆様には、園内ガイドツアーや自然観察会、木の実を利用したエコクラフトづくりなどのプログラムを通じて、自然本来のすばらしさを感じていただくとともに、環境保全活動への理解を深めていただきました。

当社はこの「赤城自然園」の運営を通じ、自然との触れ合いが少なくなってきている子どもたちに自然のすばらしさを体験する場を提供し、次世代に引き継いでいくという活動に微力ながら貢献していきたいと考えています。当社の活動にご賛同いただいている企業さまのお力添えのもと、息長くこの活動に取り組んでいきます。

赤城自然園概要

面積:約36万坪、一般開園エリア約18万坪
標高:600~700m

赤城自然園で確認された動植物

動物:昆虫類1,810種、鳥類77種、哺乳類15種
植物:木本類152種、草本類510種

赤城自然園の環境保全活動をサポートしていただいています。
(2012年8月31日現在)

サポート企業

東日本大震災に関する義援金 最終寄付金額のご報告

2012年3月31日までに、永久不滅ポイントおよびカード決済による、皆様からお預かりした義援金は、日本赤十字社・各県を通じて被災された方々にお届けしました。

寄付をいただきましたカード会員の皆様の温かいご支援に心から感謝申し上げますとともに、被災地の1日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

義援金寄付金額 637,500,000円
日本赤十字社: 591,792,500円
青森県: 3,656,000円
岩手県: 8,576,000円
宮城県: 12,654,000円
福島県: 20,821,500円

※永久不滅ポイントによる寄付、カード決済による寄付、当社からの義援金の合計

back to pagetop