会社概要 2011

重点施策

環境保全・社会貢献活動

環境問題への取り組み

当社では、クレジットカードには再利用素材を、ご利用明細書、お客さま宛の印刷物には環境にやさしい素材を使用しているほか、WEB明細の一層の促進や書式の見直しなど、紙利用の削減を進めています。

社員に対しては、「地球温暖化対策」への取り組み促進として「クールビズ」の積極推進やオフィスの節電・紙利用の縮減、オフィス内ゴミのリサイクル対応分別回収の徹底を呼びかけています。

カード利用を通じた社会貢献活動をサポート

当社では、一人ひとりのお客さまがカード利用を通じて社会貢献活動に参加できる手段をご用意しています。例えば、(社)日本ユネスコ協会連盟の世界寺子屋運動、(公財)日本盲導犬協会の盲導犬育成、(公財)日本ユニセフ協会の子どもの保護・教育支援活動など、カードを利用することにより獲得するポイントで寄付ができるアイテムを取り揃えています。

次世代に豊かな自然を引き継ぐ活動

群馬県赤城山の南西麓に広がる約36万坪の広大な森「赤城自然園」を2009年に購入し、運営しています。同園は、もともとは松の木が無造作に植林されている人工二次林でしたが、自然本来の美しさを取り戻すために植生を入れ替え、「花を育てるのではなく、環境を整えることで植物が育つ手助けをする」という方針のもと、20数年の歳月をかけて整備を続けてきたものです。今では、さまざまな昆虫や動物、貴重な植物を含めた草花・樹木がのびのび育ち、日本の四季の美しさに触れ、感じることができます。

当社運営の初年度にあたる2010年度は152日間開園し、約24,000人にご来園いただきました。ご来園の皆様には、園内ガイドツアーや自然観察会などのプログラムを通じて、本来の自然のすばらしさを感じていただくとともに、環境保全活動への理解を深めていただきました。

当社はこの「赤城自然園」の運営を通じ、自然との触れ合いが少なくなってきている子どもたちに自然のすばらしさを体験する場を提供し、次世代に引き継いでいくという活動に微力ながら貢献していきたいと考えています。当社の活動にご賛同いただいている企業さまのお力添えのもと、息長くこの活動に取り組んでいきます。

赤城自然園概要

面積:約36万坪、一般開園エリア約18万坪
標高:600~700m

赤城自然園で確認された動植物

動物:昆虫類1,810種、鳥類77種、哺乳類15種
植物:木本類152種、草本類510種

赤城自然園の環境保全活動をサポートしていただいています。
(2011年8月31日現在)

スポーツ・文化活動をサポート

当社では、スポーツ・文化活動などを通じた社会貢献にも情熱を注いでいます。スポーツでは、2011年7月にワールドカップ優勝という偉業を成し遂げた「なでしこジャパン(日本女子代表)」や「SAMURAI BLUE(日本代表)」などサッカー日本代表チームのサポーティングカンパニーとして、日本代表チームを応援してきました。
文化では、世界三大テノールの一人であるオペラ歌手のホセ・カレーラス氏の音楽活動を支援しています。また、同氏が音楽活動以外にも力を入れている『ホセ・カレーラス国際白血病財団』の趣意に賛同し、同財団への寄付も行っています。

back to pagetop