会社概要 2011

トップメッセージ

現在クレジットカード業界は貸金業法、
割賦販売法等の法規制により厳しい経営環境にありますが、
クレディセゾンは3,570万人の顧客基盤、
あらゆる業種にわたる提携パートナーと革新的な商品を戦略武器として、
それらを組み合わせた「コラボレーション経営」を具現化し、
キャッシュレス決済市場におけるNo.1カンパニーを目指してまいります。

Hiroshi rinno President and Ceo Head of Audit office and Credit Card division

このたびの「東日本大震災」により被災された皆様、そのご家族やご親戚、友人・知人の方々に心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い復興・興隆を心よりお祈り申し上げます。

当社はお客さまのご協力により、約6億円の義援金を寄贈することができました。寄付をいただきました皆様の温かいご協力に、心から感謝を申し上げます。

国内消費に占めるクレジットカードの決済シェアは約11%と、年々拡大傾向にあるものの、わが国では依然として現金決済が根強く残り、そのシェアは約60%と、「現金マーケット」をなかなか打ち崩すことができない状況が続いています。また、クレジットカード業界は貸金業法や割賦販売法の厳しい法規制の影響により利益を圧迫され、中期的な観点で見れば構造的な不況に陥っています。このような厳しい環境の中で、閉塞感の漂うクレジットカード業界の現状を打破し、さらなる成長を遂げるためには、従来型ビジネスモデルの変革が不可欠であると考えています。

当社は、資本の枠組にとらわれず自由度が高い独立経営を念頭に置き、3,570万人の顧客基盤を有するクレジットカード会社に成長しました。2012年3月期以降の中期経営戦略においては、この最大の武器である顧客基盤を活用した「コラボレーション経営」を掲げています。この「コラボレーション経営」とは、さまざまな業種業態で特定系列を超えた質の高い提携ネットワークをはじめ、永久不滅ポイントなどの独創的なサービス、さらにはカード事業のみならずリース・信用保証・長期固定金利住宅ローン「フラット35」などのファイナンス事業も含めた豊富なノンバンクビジネス領域といった、当社がこれまで長年培ってきたあらゆる戦略武器をコラボレート(複合的に活用)し、それらを決済機能を持ったお客さまと統合して、全社の総力を挙げて成長機会を追求していくものです。中でも、セゾン・アメリカン・エキスプレス®・カードを軸としたステータスカードのチャネル開発によるポートフォリオ変革、「永久不滅.com」を中心としたネット事業の飛躍的拡大、セブン&アイグループとの合弁事業など、中長期的な成長戦略の実行などを重点的に推進し、キャッシュレス決済市場におけるNo.1カンパニーを確立すべく、カードマーケットシェア30%を目指してまいります。

全社員が「第二の創業」を念頭に置いてビジネスモデルを変革していくことにより、新たな成長軌道に乗せ、企業価値の最大化を通じて株主の皆様のご期待に沿えるよう、全力を尽くしてまいります。

Hiroshi rinno President - sign

2011年9月
代表取締役社長 林野 宏

back to pagetop